埼玉交通情報トップページ > 埼玉県交通案内 > 史跡目次 > 武州鉄道の小径

■武州鉄道の小径:さいたま市岩槻区

 所在地:さいたま市岩槻区本町5 →Mapion地図

武州鉄道の小径

◆特徴など◆

 1924年〜1938年の短い期間、蓮田駅と神根駅を結んでいた鉄道跡。
 現在では当時の遺構はほとんど残されていないが、
 ところどころに鉄道があった痕跡の道路や敷地が見られる。
 この武州鉄道の小径もそのひとつ。

◆交通案内◆

 1)東武野田線 岩槻駅から 東埼玉病院行朝日バスで
  本町5丁目バス停下車、東側約100m →バス時刻
 2)東武野田線 岩槻駅、東岩槻駅から
  さいたま市コミュニティバス岩槻区ルート(土休日運休)で
  渋江町バス停下車、北側すぐ →バス時刻
 3)JR宇都宮線(東北線)蓮田駅東口から
  岩槻駅行国際興業バスで 名店街バス停下車北東約500m
  →蓮田駅バス時刻
  ※このバスは往時の武州鉄道のルート近くをなぞります
 4)埼玉高速鉄道線・JR武蔵野線東川口駅北口から
  浦和美園駅経由岩槻駅行国際興業バスで
  駅前通りバス停下車 北東約800m
  →東川口駅バス時刻
  ※このバスは往時の武州鉄道のルート近くをなぞります。目白大学付近でかつてのルート跡を走ります
  ※岩槻駅、目白大学周辺へは岩槻駅〜浦和美園駅間の快速バスもご利用下さい
  →岩槻駅バス時刻 →浦和美園駅バス時刻

◆近くの史跡など◆

 →岩槻城跡 (武州鉄道の小径から南東へ約1km)
 →遷蕎館 (武州鉄道の小径から南西へ約700m)
 →岩槻城下の時の鐘 (武州鉄道の小径から南側へ約200m)