埼玉交通情報トップページ > 自然スポット目次 > さいたま市 見沼たんぼ首都高ビオトープ

●さいたま市 見沼たんぼ首都高ビオトープ●

さいたま市 見沼たんぼ首都高ビオトープ さいたま新都心からわずか1〜2kmの場所から広がる見沼田んぼ。
その見沼たんぼを横断する首都高埼玉新都心線は
自然環境に配慮して整備されています。

延長約1.7km、面積は6.3haにも及びます。
このあたりの首都高は高架構造で、
その下の空間をうまく利用しながら、
植樹や池、湿地、草原といった多様な自然空間がつくられています。
2万本以上の木が植えられています。
ビオトープは普段は一般の方の立ち入りは制限されていますが
周囲からは木々の生長を見ることができます。

このビオトープは周囲の見沼田んぼの自然と一体化してきており
カワセミやキツネなどの姿も見ることができます。
 
●交通案内など●
 
 1)JR線・東武野田線大宮駅東口から
  [国際興業バス大12]中川循環で 上山口バス停下車、南西約400m
  →大宮駅時刻
 2)大宮駅東口から
  [東武バス大34]天沼循環で 観音前バス停下車、南東約1km
  →大宮駅時刻
 2)大宮駅東口から
  [東武バス浦44]天沼・さいたま新都心駅経由北浦和駅行で 北袋バス停下車、東側約600m
  →大宮駅時刻 →北浦和駅時刻


 →さいたま市 見沼たんぼ首都高ビオトープの場所(Mapion地図) 

このページは2013年6月6日に取材しました。