埼玉交通情報トップページ > 埼玉県交通案内 > 山と峠目次

■顔振峠(かあぶりとうげ)

  標高:500m 難易度:★

顔振峠から奥武蔵の山々を見る
〜 顔振峠から奥武蔵の山々を見る 〜

◆コースなどのご案内◆

 義経がここを通ったとき、あまりの絶景に顔をふりながら登ったことが名前のいわれとされる峠。
 現在でも奥武蔵の山々が幾重にも折り重なるように大展望を楽しむことができる。

 峠を奥武蔵グリーンラインの車道が横切り、茶屋が3軒建っており休日には観光客でにぎわう。

 峠から5分ほど登った展望台からは、越生町を眼下に関東平野の眺めがよく、
 右手には信仰の山である越上山(おがみやま)が顔をのぞかせる。

 黒山三滝や黒山鉱泉がある黒山集落からの道は杉木立の中の幅の広い歩きやすい道。

◆交通案内◆

 1)西武池袋線吾野駅から歩約1時間
 2)西武池袋線東吾野駅から虎秀経由歩約1時間20分
  (ユガテ,エビガ坂経由で約2時間30分)
 3)東武越生線/八高線越生駅から 黒山行川越観光バスで終点下車歩約1時間

◆ 概念図 ◆

顔振峠概念図
  (25000/1地形図:正丸峠・原市場・越生)