埼玉交通情報トップページ > 埼玉県交通案内 > 史跡目次 > 多武峯瓦塔遺跡

■多武峯瓦塔遺跡:ときがわ町

 所在地:ときがわ町西平 →Mapion地図

多武峯瓦塔遺跡

◆特徴など◆

 多武峯神社の北側裏手にある遺跡。
 文亀2年に建立された五輪の塔があり、
 その周辺からは奈良時代の瓦塔の破片が出土した。
 県の史跡に指定されている。

◆交通案内◆

 東武東上線武蔵嵐山駅、小川町駅、東武越生線・JR八高線越生駅のいずれかから
 せせらぎバスセンター乗り換え、
 日向根行ときがわ町バスで
 終点下車、林道を北東方面に約1.5km
  →バス時刻