埼玉交通情報トップページ > 埼玉県交通案内 > 史跡目次 > 菅谷館跡

■菅谷館跡

 所在地:嵐山町菅谷  →Mapion地図

菅谷館跡

◆特徴など◆

 鎌倉時代初期に活躍した畠山重忠の館跡と伝えられる。
 敷地は約13万平方メートルにも及んでおり、国の史跡にも指定されている。 
 現在でも本郭、二の郭と、それらを防衛する土塁、空堀などが残されている。
 館跡は自由に散策可能で、バードウォッチングと史跡探訪が可能。
 隣接する埼玉県立嵐山史跡の博物館でも
 菅谷館跡に関する資料を展示している。

◆交通案内◆

 1)東武東上線武蔵嵐山駅西口から南西約1km
 2)武蔵嵐山駅西口から(JR八高線)明覚駅経由ときがわ町役場第二庁舎行イーグルバスで
  女性会館バス停下車すぐ
  →武蔵嵐山駅バス時刻 →明覚駅バス時刻