埼玉交通情報トップページ > 埼玉県交通案内 > 史跡目次 > 木曽義仲産湯の清水

■木曽義仲産湯の清水

 所在地:嵐山町鎌形  →Mapion地図

木曽義仲産湯の清水

◆特徴など◆

 平安時代初期、坂上田村麻呂が創建したと伝えられる鎌形八幡神社の境内にある。
 鎌形八幡神社は源氏の氏神として仰がれていた。
 産湯の清水は現在でも清水が湧いており、神社の手洗い水として利用されている。
 鎌形八幡神社の周辺には義仲の妻、山吹姫の墓がある班溪寺もある。
 また、近くには明治時代の建築の「旧日本赤十字社埼玉支部社屋」もある。

◆交通案内◆

 1)東武東上線 武蔵嵐山駅南西3.2km
 2)武蔵嵐山駅からせせらぎバスセンター行ときがわ町バス(内回り)で
  鎌形バス停下車、東側400m
  →バス時刻