埼玉交通情報 > 交通案内 > 文学碑

■熊谷桜堤の安藤野雁の歌碑

熊谷市河原町1丁目 →地図

熊谷桜堤の安藤野雁の歌碑

◆特徴など◆

春にみごとな桜並木となる熊谷桜堤と、荒川大橋が交わるあたりにある歌碑。
江戸時代の歌人、安藤野雁が文久2年(1862年)にこの地にきて詠んだ歌、
「酔い乱れ 花にねぶけし 酒さめて さむしろ寒し 春の夕風」と刻まれている。

◆交通案内◆

  1. 秩父鉄道上熊谷駅下車 南東約700m
  2. JR高崎線・秩父鉄道熊谷駅南口から 立正大学行国際十王バスで
    榎町下車、熊谷桜堤を熊谷方面にすぐ
    熊谷駅時刻
  3. 熊谷駅北口から
    次の国際十王バスで榎町下車、熊谷桜堤を熊谷方面にすぐ
    ・東武東上線・東松山駅行
    熊谷駅時刻 →東松山駅時刻
    ・東武東上線・森林公園駅行
    熊谷駅時刻 →森林公園駅時刻
    ・東武東上線・JR八高線小川町駅行
    熊谷駅時刻 →小川町駅時刻
    ・循環器病センター行または今市行
    熊谷駅時刻